<< タルタルカツ丼 「板鼻舘」 | main | 中国茶 「中国物産舘」 >>

薬膳あんかけ焼きそば (安中)


あんかけ焼きそば 富ちゃん
国道18号を降り、安中市へ。県道212(217)で富岡方面に向かう。店の看板があり、とにかくそれが頼り。


薬膳あんかけ焼きそば 790円

その他のメニュー

あんかけ焼きそば
薬膳 790円
薬膳海鮮 1030円
薬膳激辛 890円
薬膳海鮮激辛 1130円
いずれも、小、並、大、特のサイズが有り、値段が違う。

薬膳あんかけめし 790円
薬膳あんかけ焼きめし 840円
サイズは並のみ。味は焼きそばと同じ種類がある。



所在地
〒379-0113
群馬県安中市大竹1243-1

営業時間
11:00〜15:00 17:00〜20:00
定休日
月曜日(月曜が祝日の場合、水曜)
交通
JR信越線 安中駅
関越道 前橋IC
上信越道 富岡IC又は松井田妙義IC


周りに比べ、比較的新しい住宅が並ぶその向かいに、ドーム形の建物があった。「あんかけ焼きそば 富ちゃん」である。

店内はフローリングに座布団、カウンター席もあり、入口で靴を脱いで入る。老夫婦は、窓からの景色を見ながら談笑し、カウンターの客はマスターと話をしている。いずれの客も、すでに食べ終え、食後のひと時を楽しんでいる。天井が高く、天窓から明かりも入る。なるほど、思わずくつろぎたくなる空間だ。

看板メニューの薬膳あんかけ焼きそばは、浅くて大きい皿にたっぷりと入る。ボリュームもある。
「途中で、酢をお入れください。味が変わりますから…。」

と、マスターが言う。

薬膳らしい主張はない。ただ、野菜がたっぷりで、それだけで体に良さそうだ。麺は固く焦げ目があるが、あんに絡まり、ちょうどよくなる仕組み。酢を投入、味はマイルドになる。いつの間にか、あんがサラサラになり最後はスープになった。レンゲですくって飲む。キレイに完食してしまった。

昔、「愛の貧乏脱出大作戦」というTV番組があった。閑古鳥が鳴いている店の店主を、「達人」と呼ばれるその道のプロが更正させ繁盛店に変える。そんな内容だったと思う。

今回行った富ちゃんも、この番組出身だ。元々は居酒屋みたいな店だった所を、宮崎県のあんかけ焼きそばの名店で修行をし、あんかけ焼きそばの店として、再スタートをしたのだった。

番組内で似たような店が幾つも登場したが、多くは一時的に流行るものの、また元の状態に戻ったり、潰れたりしている。その中で、富ちゃんは上手くいってる方ではないだろうか?

さて修行先の店だが、宮崎県延岡市では、あんかけ焼きそばを提供する店が多く、その内の一つ「みんみん(本当は漢字)」が紹介された。そのみんみんだが、延岡市におけるあんかけ焼きそばの元祖であるが、FC化や、本店の移動等で、色々混沌としており、本流は何処かは分からない。ただ、番組に出演した達人がいるのは、みんみんタイヨー桜町店である。

富ちゃんのドーム形建物だが、ドームハウス工法で建てられたもので、ここのはオレゴンドームといって、構造が丈夫で、エネルギー効率に優れているという。

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM