<< とん汁ラーメン 妙高市 | main | きりざい丼 南魚沼市 >>

妙高レッド焼きそば 妙高市


中華料理 大来
画像の青い建物。上信越道の妙高高原ICが近い。スキー神社、新潟県立妙高病院のある地域。長野県の県境も近い。北しなの線の妙高高原駅から徒歩圏内。


レッド焼きそば 700円

その他のメニュー
サンラーメン 700円
タンメン 600円
ピーマン肉ラーメン 700円
もやしラーメン 600円
みそチャーシューメン 800円
みそラーメン 630円
五目ラーメン680円
肉そば 650円
チャーシューメン 650円
ワンタンメン 600円
ラーメン 550円
五目焼きそば 680円
ソース焼きそば 620円
中華丼 680円
かに玉丼 680円
マーボー丼 680円
ピーマン肉丼 700円
チャーハン 600円
週替り定食 700円
その他一品料理 300〜700円



所在地
新潟県妙高市大字田口145
営業時間
11:00〜13:30
17:00〜20:00

定休日
不定休
訪問日時
2014 8/5 17:06

妙にスッキリする泉質だ。夏だけどサッパリだ。妙高市の燕温泉という所だ。

(さて、どうするか…?)

新潟県の上越地方から長野県北部では、サバ缶を使ったタケノコ汁が郷土料理だ。

タケノコ汁を求めサービスエリアや温泉街の食堂を廻るが、その都度空振りに終わる。温泉街に迷い込み、ついでに温泉に浸かっていたのだ。
糸魚川市が、イカ墨を使った「糸魚川ブラック焼きそば」を売り出す。

上越市と妙高市が続く。上越市は白を基調とした「謙信公 義の塩ホワイト焼きそば」。妙高市は赤を基調とした「妙高赤倉温泉レッド焼きそば」で続いた。2012年には「上越三色同麺(盟)」を結んでいる。因みに、グリーン焼きそば、イエロー焼きそばも誕生したが、ちょっと残念な感じになっている。

そーゆう事なので、レッド焼きそばを食べに行く。妙高市の赤倉温泉を中心に、レッド焼きそばを提供する店が10店舗ほどある。その内の一つ大来という店に行く。

午後5時過ぎ。店は夜の部が始まったばかりだ。まだ自分一人。

お冷やを飲んでしばし待つ。TV、ラジオ、有線はない。

プァヒャヒョヒョ…ヒョヒョヒョ…ヒョ…ヒョ…。

どこか切ない蜩(ひぐらし)の鳴き声が聞こえる。

(なんか、いい感じだ。)

レッド焼きそばを食べる。赤色はトマトやパプリカを使っている。辛そうで辛くないという寸法だ。

妙高ゆきエビ
妙高雪国水産が養殖したバナメイエビ。妙高雪国水産は妙高市にある土建会社が出資した会社。屋内でのエビの生産は日本初。添加物や薬品を使わず、海洋深層水や雪解け水を使用し、人工的な波を発生する等の循環装置で、屋内の利点を生かして生産されている。安全性の高い高品質のエビとして、各方面で評価されている。

大来のレッド焼きそばには、妙高ゆきエビが載っている。芝エビも香りのために使っている。エビの焼きそばだ。美味い。

長野県との県境はすぐだ。車でちょっと行った所に、関川関所道の歴史館がある。街道の歴史を感じる事ができる。


妙高市にある燕温泉街。


黄金の湯
燕温泉にある。男女別。無料。洗い場は無い。純粋に温泉を楽しむ場所。簡単な脱衣所がある。貴重品とかが心配。

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM